先輩社員の声

現場で活躍する先輩社員の声をご紹介しています。

鋳造部 櫻井リーダー ◆平成23年 入社

鋳造部で注湯のリーダーとして作業しています。

昨年までは加工の作業員として働いていたため各所で及ばない点はありますが、責任ある立場に就き、リーダーとして何をすべきか日々考えています。

まずはじめに考えたことは安全第一・良品生産でしたが、そのようなことは当たり前のこと。作業をしていく中で自分だからこそできることを考えたとき、まずは作業員のことをよく知り、何をやりたいのか、何が得意なのか、誰と組めば上手く作業が進められるのかを考えました。

注湯作業員は私以外皆外国人で、最初はコミュニケーションをとるのに苦労しましたが、ともに作業をする中で次第と意思疎通ができるようになりました。

私はリーダーとして各個人の持っている良いものを最大限に引き出し、最強の注湯チームを作ろうと思います。

注湯は暑くて大変ですが、自分が注湯してできたものが世の中で使われていると思うとやりがいを感じることができます。

そして何より、やりがいのある仕事を終えた後のビールはウルトラ最高です。

品質管理課 土橋 ◆平成29年 入社

入社以前は品質管理のことは全く知らず、最初は「品質とは何か」から始まりました。
 
製品の寸法を測定するため、成分を調べるためなどあらゆる用途で使用する測定機器を1から丁寧に教えていただき、今では簡単な製品であればひとりで全項目の寸法測定を行えるまでになりました。
 
しかし、まだまだ分からないことはたくさんあります。

問題が発生した際には、原因を調べ対策をしなければなりませんが、知識が足りずつまずくことが多々あります。

そんな時、先輩方は何を聞いても細かく丁寧に教えてくださるのでとても頼りになり、私もその知識をしっかり応用できるように頑張ろうと思えます。

そしてゆくゆくは現場の方と、共に問題の原因・対策について言い合えるようになりたいと思っています。

シャインテックは社員同士が年代関係なく仲が良いので、休憩時間も楽しく過ごせます。

努力次第でどこまでも成長でき、やりがいを見出すことのできる職場です。

製造部 土屋 ◆平成29年 入社

入社して5ヶ月になります。
 
入社した当初は製造に関する知識や経験は何一つありませんでした。
わからないことだらけで当然先の心配や失敗したときのことなど、不安に思うこともありました。
 
 ですが先輩方から手取り足取り指導していただき自然と「やる気」が出てきて、日に日に成長する自分に自信がつきました。
 
 ミスや問題を発見した場合は原因を追及し、どうしたら未然に防ぐことができるかを、一人ではなく皆で共有し考えます。同時に自分の向上心が刺激されやりがいにつながります。
 
まだまだ分からないこと、覚えることがたくさんあり大変ですが、努力するほど自分の技が増えていくので楽しいです。

未経験でも安心して技術を学ぶことができ、楽しく働くことができる会社です。