先輩社員の声

現場で活躍する先輩社員の声をご紹介しています。

鋳造課 田代課長 ◆平成26年 入社

製造部鋳造課長の田代です。鋳造に配属され3年目になります。

配属当初は、鋳造という未知の仕事に不安がありながらも、加工前の素材を造るという新たな経験をできることが楽しみでもありました。
 
そしていざ仕事を始めてみると、技術職なので難しいと感じる部分もありましたが、すべてが初体験だったので時間を忘れて仕事をするほどのめり込んでしまいました。

形の無いものから製品を造ることはとても達成感があり、その製品が加工され、世界に流れていると思うとやりがいを感じることができました。
 
課長を拝命してからは鋳造課をまとめるにあたり、多く在籍する外国人研修生とのコミュニケーションが心配でした。

しかし、言葉を簡単なものに置き換えて会話をしたり、ジェスチャーを交えることでしっかり意思疎通を図ることができました。

今では、日々楽しく、時には厳しく仕事ができています。

管理部 小粥 ◆平成30年 入社

管理部で在庫管理、出荷準備、来客対応などを担当しています。
  
製造業が未経験なため、どのような工程を経て製品が出来上がるのか、あらゆる問題から状況が変わった時にどのように対応するべきなのか分からず、入社当初は不安に感じていました。
  
しかし、先輩方に一から丁寧にご指導いただき、少しずつ覚えていくことで安心感が生まれました。今ではお客様とスムーズにやり取りができています。

時には複数の事柄が同時に発生し、対応しきれないことがまだ多くあります。

そんな時は、先輩がフォローして下さったり、一人で抱えきれない時は相談に乗って頂けたりするので頼りになりますし、落ち着いて自分のすべきことに集中できます。

まずは与えられた業務をスムーズに遂行することを目標に、一つ一つ丁寧に対応していきたいと思います。

加工課 井澤課長 ◆平成25年 入社

加工課長を拝命し、3ヶ月が経ちます。
  
以前は、現場の一作業者として従事していました。その為、課長という責任ある立場にまだ不慣れで、作業者の視点で物事を考えがちになってしまうことが多いです。
  
しかしそれを逆手に取り、作業者の気持ちをくみ取っていけたらと思います。
  
これからより良い職場作りを目指すためには、作業者や主任たちと話し合いを繰り返し行い、現状ある問題を改善していかなければなりません。
  
私自身至らない部分が多く、まだまだ頼りない新米課長なので、知識ある方々の意見も参考にさせて頂きながら加工課を盛り上げていきたいと思っています。

「元気があれば何でもできる!!」

この言葉を日々自分に言い聞かせながら、課長としてやれるところまでやりたいです。